農地を手放したいーいらない農地の活用法ー



いらない農地をなんとかしたい、手放したい、草刈りや管理が大変、農地を手放したい人のためにどのような活用法があるのかお伝えします。



まず農地として使ってくれる、引き続き耕作してくれる人がいるなら、そういう方に購入してもらう or 借りてもらう というのが一番いいんじゃないかと思います。(でも貸すより手放したいという人もいると思います)


農地にはその場所や周辺の環境がどうかによって、種類が分かれています。


・一種農地…原則農地以外の使い方で使うのが無理なところです。どういうところが一種のうちに該当するかというと、周辺にずっと農地が広がってるようなところの一角にあるような場所は、一種農地である可能性があります。


・二種農地…一種農地、三種農地以外の農地。農地以外の使い方が可能です。


・三種農地…駅の近くや市街地の中にポツンとある農地など。農地以外の使い方が可能です。


その他にも、


・農用地区域…行政が決めた「ここで農業振興をしましょう」という趣旨の区域です。この区域に入ってると、まず一種とか二種とかの以前に、この「農用地区域」からの除外する必要があり、手続きにべらぼうに時間がかかることがあります。比較的区画が整備されているところや、一種農地のように農地がずっと広がってるようなところは、この農用地区域に入っている可能性があります。


・土地改良区…農道や用水路などを整備することを目的に作られた組織。区画整備などされていてるところはこの土地改良区に入ってる場合が多いです。農地以外の使い方をする時には、この土地改良区からの除外をすることが必要ですが、こちらは比較的簡単に除外することができます。その農地の面積が広いと除外の手数料が高くなります。


・市街化調整区域…ここに該当すると、建物を建築したりするのが途端に難しくなりますので要注意です。


以上で説明したとおり、農地がずっと広がっているようなところは、農地以外の目的で使用することが難しいのでは?と読み取れると思います。


いらない農地を手放したいという時に、農地として使いたいという需要であればどのような農地でも比較的お答えしやすいのですが、建物を建てたりする場合はその場所が農地以外の目的で使える条件の場所なのか、市街化調整区域じゃないか、手続きの時間はどれくらいかかるのかをある程度把握しておくと良いと思います。


農地は比較的面積が広い場合も多く、駐車場、資材置き場、店舗、住宅の建築、会社の事務所や工場、など様々な目的で使用できますが、上記で説明したとおり、農地以外の目的で使う場合は、可能な場所もあれば、農地以外にはなかなか使用できないような場所もあります。


まずは手放したいと思ってる農地の条件を確認してみるところから始めてみましょう。当事務所では農地の条件確認のご相談も随時受け付けております。










0件のコメント

最新記事

すべて表示