もし大事な届け出を忘れてしまったら?

某許可をとって事業をしていたところ、


「●●の管理者が変わっていたけど、届け出していなかった。どうしたらいいか?大丈夫か?」


という相談があります。



結論から言うと


【大丈夫じゃない場合もあります】





ということしか言いようがないのですが、このままにしておいてもだめなので、まずは自力で行政担当窓口に相談されるほうがいいです。できるだけ早いうちに。


ただし、行政へ直接相談するのが敷居が高く感じる方はご相談いただけたらと思います。



だいたい、どういった時に大丈夫じゃないケースが多いかというと、


行政から許可をいただいて初めて行える事業には、だいたいその事業を管理するキーパーソンになる人の設置が求められます。


管理者的な方を変更する場合というのは


・その管理者が亡くなった

・その管理者が退職した

・管理者であるためには役員であることが必要だが、その管理者が役員を辞任した


とかいうことが考えられます。


こういうことがあった時に、素早く管理者を変更して、その変更したことを届け出しないといけないのですが、うっかりしてそのままにしておくことはありがちなのではないかと思います。


他の管理者に変更して届け出だけを怠っていたということでしたら、その旨付け加えて事後報告でほとんどの場合大丈夫ですが、管理者になれる条件の人がその後いなかった場合というのは、どうしても事後報告ではリカバリーできません。


本当ならそういう事態になる前にご相談いただけるのが一番安全です。


ただし、そうなってしまってからあとで気がついたという時は、怖がらずにご相談いただくのが一番です。


放置しすぎて取り返しのつかないことにならないように。



かといって、忙しい経営者の皆様が、こういった制度や法律を自ら勉強して知っておく…というのはなかなか大変なことです。


当事務所から定期的に、制度や書類の活用についての情報をメルマガでお届けしています。

↓ ↓ ↓

◆購読申し込みはこちらから



【お問い合わせはこちらから】


 

経営に役立つ情報をメルマガでお届けしています

 ◆購読申し込みはこちらから


行政書士法人すこやか法務事務所

 ◆事務所HPはこちら

0件のコメント

最新記事

すべて表示