外国人の入国直後の待機期間のホテル代について

外国人の従業員が母国等から日本へ入国する時、水際対策としてホテルでの待期期間がありますが、そのホテル代に補助がでます(高知県)。




対象は


1)在留資格が次のいずれかであること。

    高度専門職、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、

    技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、介護、興行、技能、

特定技能、技能実習、特定活動(要綱別表に定める活動に従事する者に限る)

(2)県内の事業所に雇用されること

(3)令和3年11月8日以降に入国した者であるこ



補助してくれる範囲は、


1)補助対象経費

    県内で雇用される外国人材の水際対策への対応のために補助対象者が負担した宿泊に要する経費

    ※外国人材に係るものに限り、出張に係るものを除く。

    ※消費税及び地方消費税については、対象外とする。

(2)補助率

    宿泊費の2分の1以内

(3)補助上限額 

    外国人材1名1泊当たり3,650円(上限)×15泊(上限宿泊日数)


ということで2月28日までにかかった費用が補助対象となります。


申請は3月10日まで。詳しくは下記ページにて

↓ ↓ ↓

【高知県のHP:高知県外国人材入国時待機費用支援補助制度】


※なお、この制度の申請のご相談は当事務所では取り扱いいたしません。

当事務所への報酬と補助額が同等くらいの金額になるために、当事務所で代理申請をお受けしても、お客様にメリットがあるとは思えないからです。


難しい書類ではないと思いますので、なんとか担当課と相談しながら進めていただけたらと思います。



 

経営に役立つ情報をメルマガでお届けしています  ◆購読申し込みはこちらから



0件のコメント