個人の建設業許可業者が行う定期報告とは

個人事業で建設業許可をとり建設業を営んでいて、確定申告を終わらせた皆様、年に一度の県への報告の時期になっています。 実は、建設業許可をとった事業所は、年に一度決算の終了後、「事業年度終了の変更届」

というものを出さないといけません。


【事業年度終了の変更届(決算変更届)についてはこちらから】


1年間どういう工事をやったかという経歴書と、貸借対照表、損益計算書等の財務諸表などを、定型の様式におとしこみ提出します。



この「事業年度終了の変更届」については、提出時期が来ても件からは何の案内や通知もきません。


だから、知らない、あるいは説明は何かで聞いたかもしれないけど、忘れたという事業所様がほとんどだと思います。 行政書士がサポートしている事業所だと、行政書士の方からお知らせをしてくれてサポートしてくれるので助かると思います。


届を出してないと許可の更新ができませんし、自治体の指名願いなどにも当然入れません。 罰則が適用されると6ヶ月以下の懲役となっていますが、うっかり忘れた→即罰則ということはほぼないと思いますので、とりあえず失念していた時はすぐにご相談&提出されるのが無難です。 気を付けてください。 個人事業の方は提出期限は4月いっぱい、法人の方は事業年度終了から4ヶ月以内です!


【事業年度変更届についてのお問い合わせはこちらから】

0件のコメント