トラブルを未然に回避する!小さな会社の経営者のための契約書相談

 ✅形式上のこととして契約書を作っている

 ✅無料の雛型を、ほぼそのまま使っている

 ✅契約書の中身の条文に、不明な部分がある

 ✅自分に不利になりような条文がある


という方、あなたのその契約書は、本当にあなたの実際の取引の問題点をカバーできる内容になっていますか?


その契約書、一度あなたの取引の実態に合ってるかどうか、見直ししてみてはどうでしょうか。




契約書といえば、「法的に間違った内容になっていないか」ということに焦点が行きがちですが、


例えば


 ✅できるだけ売上金の回収がスムーズに運ぶようになっているか

 ✅相手ばかりが有利な内容になっていないか

 ✅相手側の致し方ないような事情で中断などがおこった時、穏便にどれだけ料金を請求できるか


など、チェックするポイントは多岐にわたります。そしてそれぞれの抱える課題や問題点によって、どのポイントを優先的にチェックしていくかというのも様々です。


契約書を見直していくことで、売買や取引の暗黙のルールから問題点やこちら側の不利になるポイントなどを見つけ出し、改善していくことにもつながります。


当事務所では、あなたの取引内容をヒアリングしながら、その内容から課題や問題点を探り、取引のルールを改善し、できるだけ売上金の回収率を上げるための【契約書チェックサービス】と行っています。


 ※単発チェックサービス…15,000円(消費税1,500円)

 


 

このサービスでチェックする内容は?


  • 契約の目的物や、業務の内容等

  • 支払い方法や手段について

  • 引き渡し等の条件や手段について

  • 契約を解除する時の条件、解除の方法など

  • 契約の期間や更新について

  • 費用の負担について

  • その他…

その他に例えば


 法律的に無効になりそうな条項がないか

 こちらが不利な条件になっている個所はないか

 入れておくべき内容の抜けがないか

 形式的な不備などはないか


などのチェックも行います。



 

こんな方におススメ!


 ✅一人経営者で事務的なことに時間を割きたくない

 ✅リスク管理をしっかりと行いたい

 ✅契約のことや法律のことが分からないし、気軽に聞ける人がいない

 ✅取引の内容を見直して、できるだけスムーズに事業を運営したい

 ✅売り上げの回収率を上げて、利益率を増やしたい



女性経営者

実は、売上のあげ方は必死になるけど 売り上げるときのルールをどうするかは、あまり重要視されていないんですね。 でも、 ルールは売上高や利益率が高まるように決めることもできる。


そのルールを決めたら、契約書に落とし込んでおく必要がありますよね。


契約書は形式的にかわすものではなく、お互いが自由で対等な立場から取引のルールを決めて、そのことにお互い合意して取引することを約束したことの証明です。


形式が大事なのではなく、お互いが取引をするという意思を持っていて、ルールを決めて、お互いにそのルールに納得し手約束した、ということを書いてあるものです。


自分が不利な内容にも、お互いにとってOKな内容にもなるし、読まずにそのまま放置してルールを理解しないまま取引をしているということもあります。


※単発チェックサービス…15,000円(消費税1,500円)



 

経営に役立つ情報をメルマガでお届けしています

 ◆購読申し込みはこちらから

0件のコメント