「非公開会社」とはどんな会社?

中小企業の多くは家族経営だったり、社長一人が会社の構成員だったり、小規模に運営しているケースが多いので、


このような小規模な会社は、会社などが許可した人のみに株式を譲渡できる規定を定款の中で定めておくことが通常となってます。


本来、株式は自由に譲渡できることになっていますが、定款によってその会社が発行する株式の一部、または全部の株式の内容として


株式の譲渡には会社の承認が必要であるという規定を定めておくことができます。


このような株式を譲渡制限株式といいます。




会社などの承認がない限り、株主の名義の書き換えができないので


知らない間に他人に経営権を握られていたということはありません。


このような譲渡制限株式のない株式を(つまり自由に譲渡できる株式)、その会社が発行する全部、または一部の株式として定めている会社のことを


会社法上の【公開会社】といいます。


発行する株式の一部でも、譲渡の制限のない株式を発行しているなら公開会社となるわけです。


ニュースでよく聞く「上場会社」とは違います。公開会社が必ず上場しているわけではありません。探せば田舎の小さな公開会社も存在するでしょう。


ちなみに非公開会社は非上場会社です。一部の株式も公開してないわけですから。


身内同士とか社長一人の経営体だから、非公開会社が良いとも限りません。


その会社の特性に合わせた種類の株式を発行し、資本の調達を外部からはかりながら、

組織内部のパワーバランスをコントロールすることの両立も可能でしょう。



【お問い合わせはこちらから】


 

経営に役立つ情報をメルマガでお届けしています

 ◆購読申し込みはこちらから


行政書士法人すこやか法務事務所

 ◆事務所HPはこちら



0件のコメント