​愛媛・高知民泊ナビ

​電話:089-947-0300(無料相談開催中)

​   090-4504-3837(行政書士直通

サイト運営者(行政書士法人すこやか法務事務所)
​本店:愛媛県松山市湊町8丁目111番地1愛建ビル3階

​高知支店:高知県土佐市塚地1272-9

​ご相談はこちら!

089-947-0300

090-4504-3837

行政書士法人

すこやか法務事務所

​9時~20時(土日祝日可)

民泊お役立ち情報

行政書士法人すこやか法務事務所

​本店事務所:愛媛県松山市湊町

8丁目111番地1愛建ビル3F

089-947-0300 ​090-4504-3837
>>事務所トップページへ

>>お問合せ

◆どんな「住宅」が対象化?

届出を行う住宅は、次のいずれかに該当する家屋である必要があります。

(1)「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」
(2)「入居者の募集が行われている家屋」
(3)「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」

◆「現に人の生活の本拠として

  使用されている家屋」とは?

「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」とは、現に特定の者の生活が継続して営まれている家屋です。「生活が継続して営まれている」とは、短期的に当該家屋を使用する場合は該当しません。

ただし、常時そこに住んるわけではないからといって、住宅宿泊事業ができないわけではありません。

◆「入居者の募集が行われている家屋」とは?

 

「入居者の募集が行われている家屋」とは、住宅宿泊事業を行っている間、分譲(売却)又は賃貸の形態で、居住用住宅として入居者の募集が行われている家屋です。


ただし、広告において故意に不利な取引条件を事実に反して記載している等、入居者募集の意図がないことが明らかである場合は、「入居者の募集が行われている家屋」とは認められません。

◆「随時その所有者、賃借人又は

  転借人の居住の用に供されている家屋」とは?

 

「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」とは、生活の本拠としては使用されていないものの、その所有者等により随時居住利用されている家屋です。

 

当該家屋は、既存の家屋において、その所有者等が使用の権限を有しており、少なくとも年1回以上は使用している家屋であり、居住といえる使用履歴が一切ない民泊専用の新築投資用マンションは、これには該当しません。

(随時居住の用に供されている家屋の具体例)

・別荘等季節に応じて年数回程度利用している家屋

・休日のみ生活しているセカンドハウス

・転勤により一時的に生活の本拠を移しているものの、将来的に再度居住するために所有している空き家

・相続により所有しているが、現在は常時居住しておらず、将来的に居住することを予定している空き家

・生活の本拠ではないが、別宅として使用している古民家

住宅宿泊事業(民泊)者の届出

        に関するご相談はこちら!

 お電話、メールにてご相談ください。

​ 無料出張相談対応いたします!

 089-947-0300 

 090-4504-3837(行政書士直通)

受付時間 9:00~20:00

(17:00以降は携帯電話へ、土日祝日対応可能)

​行政書士法人すこやか法務事務所

(本店:愛媛県松山市  高知支店:高知県土佐市)

<対応エリア>

愛媛県:今治市 新居浜市 西条市 四国中央市 上島町 松山市 伊予市 東温市 久万高原町 松前町 砥部町 宇和島市 八幡浜市 大洲市 西予市 内子町 伊方町 松野町 鬼北町 愛南町

高知県:高知市 室戸市 安芸市 南国市 土佐市 須崎市 宿毛市 土佐清水市 四万十市 香南市 香美市 東洋町 奈半利町 田野町 安田町 北川村 馬路村 芸西村 本山町 大豊町 土佐町 大川村 いの町 仁淀川町 中土佐町 佐川町 越知町 檮原町 日高村 津野町 四万十町 大月町 三原村 黒潮町

copyright(C)2018 行政書士法人すこやか法務事務所|住宅宿泊事業(民泊)の届出|申請代行、無料相談|